海老とレタスの玄米炒飯

海老とレタスの玄米チャーハン ココナッツ風味

エビとレタスの玄米チャーハン レシピ

海老は高タンパク質、低脂質の食材で、筋肉をつけたい方やダイエット目的の方にはオススメの食材の1つです。

細かい話をすると、海老はバリンという必須アミノ酸が不足しているため、アミノ酸スコアは100に達していません。

ですが、玄米の方にはバリンが豊富に含まれていますから、今回のように一緒に食べることで、その弱点を補うことができます。

また、海老にはタウリンという有効成分が豊富に含まれていて、血液をサラサラにしてくれたり、ストレスのケアに良いと言われています。

今回は香り豊かなココナッツオイル(エクストラバージンオイル)を使っているので、南国風の味付けになっています。

 

《材料 2人分》

大正海老 10匹、レタス お好みで、 2個、玄米(炊いたもの) 1.5合、にんにく 2片、生姜 親指の半分くらい、日本酒 50cc、醤油 大さじ1強、ガラムマサラ お好みで、唐辛子(パウダー) お好みで、ココナッツオイル(エクストラバージンオイル) 適量、 適量、黒胡椒 お好みで

 

《作り方》

1.レタスは食べやすい大きさにちぎり、にんにくとしょうがはみじん切りにしておく。

2.海老は殻と背わたを取り除き、塩水でさっと洗い、キッチンペーパーなどで水気を取っておく。

海老の尾を入れたい場合は、尾の水気もしっかりと取っておきましょう。

海老の尾をつけたまま焼くと、より香り豊かな炒飯になります。

3.ボウルなどに卵を割り、塩を少々入れて、しっかりと混ぜわせておく。

4.中華鍋を熱しココナッツオイル(エクストラバージンオイル)をひき、にんにくとしょうがを投入し香りが立ってきたら、海老を入れて、両面を香ばしく焼く。ひと呼吸おいて、日本酒を回しかける。

日本酒を入れた時に出る上記で、海老全体に火が通ります。また、海老の臭みを取ることもできます。

5.海老にある程度、火が通ったら海老は一旦取り出す。中華鍋を再度熱し、油を追加したら、溶き卵を入れ、時間差で玄米ご飯も入れ、全体を炒め合わせていく。

頻繁に混ぜるのではなく、混ぜない時間を作ることで、パラパラとした炒飯に仕上がりやすくなります。

6.全体に火が通ってきたら、レタス、ガラムマサラ、唐辛子を加える。レタスに火が通ったところで、醤油を鍋肌から回しかけ、味をよく馴染ませる。必要であれば塩、黒胡椒を入れ味を整えて、お皿に盛る。海老をのせたら、出来上がり。

ご飯茶碗に海老を先に入れ、その上に出来上がった炒飯を並々によそい、それをひっくり返せば、写真のような盛り付けにすることが出来ます。

 

カテゴリー: レシピ タグ: , , パーマリンク