鮭といくらの親子丼

鮭といくらの親子丼

鮭とイクラの親子丼 レシピ

いくらが手に入った時に作る、丼ものレシピです。

いくらは高級食材にはなりますが、タンパク質の含有量が非常に多く、またビタミン、ミネラルも軒並み豊富に含まれています。

特に筋肉をつけたい方、身体を大きくしたい方にはオススメの食材の1つです。

ご飯は、今回は七分づきのお米を使ってみました。

七分づきとは、七割ほど精米したお米のことですが、胚芽部分は残っているので、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが白米よりも豊富に含まれています。

食感に関しては、白米とほぼ変わりませんので、玄米に抵抗がある方は、是非試してみると良いと思います。

 

《材料 お米3合分》

いくらの醤油漬け お好みで、生鮭の切り身 2切れ、焼き海苔 お好みで、大葉 お好みで、米(七分づき) 3合、米酢 大さじ3、てんさい糖 大さじ1、 小さじ1、白ごま(煎り) お好みで

 

《作り方》

1.お米(七分づき)を炊く。水の量は酢が入る分、少し少なめにしておく。

ちなみに、お米(七分づき)を炊く時の水の量は、白米の時よりも1割増くらいがちょうど良いです。

2.生鮭の切り身を、ガスコンロのグリルなどで焼く。粗熱を取り、ほぐしておく。

3.大葉は千切り、焼き海苔はガスコンロの火で軽く炙りパリッとしてきたら、手で揉んで揉み海苔を作っておく。

海苔は火の上で∞を大きく描くようにして、軽く炙るといいです。

4.ご飯が炊き上がったら、酢、てんさい糖、塩、白ごまを投入して、しゃもじで切るように混ぜ合わせる。さらに、ほぐした鮭も加えて、軽く混ぜ合わせる。

一般的な酢飯はもっと酢の量が多いです。なので、今回は酢飯風ご飯といったところでしょうか。

5.ご飯を盛り、海苔、いくら、大葉をお好みでのせて、出来上がり。

 

カテゴリー: レシピ タグ: , パーマリンク