牡蠣とほうれん草のバターソテー

カキのバター焼き&ほうれん草のソテー

牡蠣とほうれん草のバターソテー レシピ

牡蠣には現代人に不足しがちな鉄、亜鉛、銅、マグネシウムなどのミネラル、そしてビタミンB群やビタミンEなどが豊富に含まれています。

またタウリンという成分も多く含まれていて、肝機能を高めてくれる優秀な食材の1つです。

生食が苦手な方もいらっしゃると思うので、今回は加熱用の牡蠣を使ったバター焼きのレシピです。

ほうれん草のソテーを添えて、レモンを割とたっぷりかけて食べると美味しいです。

 

《材料 作りやすい分量》

牡蠣(加熱用) 1パック、ほうれん草(さっと茹でたもの) お好みで、レモン お好みで、ココナッツオイル(無臭タイプ) 適量、バター 適量、日本酒(白ワインでもいい) 大さじ2、薄力粉 適量、 適量、黒胡椒 適量

 

《作り方》

1.牡蠣を塩水でやさしく洗う。

一般的に塩分濃度3%の塩水で洗うと、浸透圧の関係で余分な水分を出すことができると言われています。

2.キッチンペーパーなどで牡蠣の水気をとり、全体に塩、胡椒を適量ふりかけ、薄力粉をまぶす。

3.強火に熱したフライパンにココナッツオイルをひき、牡蠣を投入する。

4.牡蠣の表面がこんがりと焼けてきたら、牡蠣をひっくり返す。ひと呼吸おいたら、酒を回しかけ、蓋をしめて1分ほど酒蒸しにする。

5.蓋を開けて水分が飛んできたら、バターを投入し、フライパンを軽く揺すり牡蠣全体にバターを馴染ませる。

バターを後入れすると焦げ付きませんし、バターの香りを楽しむこともできます。

6.さっと茹でたほうれん草(水気をしっかり取ったもの)を食べやすい大きさに切っておく。

ほうれん草をさっと茹で手早く冷水にとり、水気を切って冷ましたものを冷凍保存しておけば、事前に解凍して、今回のようにソテーを手軽に作ることができます。

もちろん、生のほうれん草をソテーしてもOKです。

7.牡蠣はお皿に盛り付けて、同じフライパンにほうれん草を入れ、さっと炒める。

必要でしたら、塩、胡椒で味を整えてください。

8.ほうれん草ソテーも盛り付けて、レモンを添えて出来上がり。

 

カテゴリー: レシピ タグ: , , , パーマリンク