ちりめんじゃこのリングイネ トマトソース

ちりめんじゃこのリングイネ トマトソース

ちりめんじゃこのリングイネ トマトソース レシピ

トマトソースのパスタが無性に食べたくなった時に、手軽に作れる定番メニューです。

リングイネとは切り口が楕円形をしているパスタのこと(リングは「舌」という意味)で、やや太めのスパゲッティに近い食感です。トマトソースとよく絡み、相性が良いです。

 

《材料 1人分》

リングイネ(乾) 100g、トマト缶 1/2缶、ちりめんじゃこ お好みで、にんにく 1かけ、大葉 お好みで、ココナッツオイル(無臭タイプ) 適量、 適量

 

《作り方》

1.パスタをやや硬めに塩茹でする。

火力によっても変わってきますが、標準ゆで時間より1~2分ほど短めでちょうど良いです。

一般的にパスタを茹でる時の塩の分量は、お湯の1%の分量が良いと言われています。お湯が2リットルなら、塩は20gです。

2.大葉は千切り、にんにくはスライスしておく。

3.中華鍋を強火で熱しココナッツオイルを引き、にんにくのスライス、ちりめんじゃこを投入する。

にんにくは焦げやすいので、少し色が変わってきたなと思ったところで、火を弱めてください。

4.にんにくとちりめんじゃこのいい香りが立ってきたら、中火にしてパスタのゆで汁をお玉3杯分とトマト缶を入れ、ひと煮立ちさせる。塩気が足りなければ、塩を加える。

煮詰め過ぎるとソースが濃くなってしまうので、パスタが茹で上がるまで時間がかかる時は、火は一旦止めておきましょう。

5.パスタが茹で上がったらお湯を切り、中華鍋にパスタを入れて中火でソースとからめる。

6.パスタが好みの食感になってきたら、盛り付けて大葉の千切りをのせて、出来上がり。

仕上げにオリーブオイルを回しかけたり、パルメザンチーズを振りかけても美味しいです。

 

パスタは伸びると美味しくないので、慣れないうちはソースの準備をしてからパスタを茹でると良いと思います。

ソースの準備がパスタの茹で時間の中でできるようになれば、20分以内に完成するメニューです。

 

カテゴリー: レシピ タグ: , パーマリンク