鮪とクレソンのサラダボウル

マグロとクレソンのサラダボウル

まぐろとクレソンのサラダボウル レシピ

まぐろはアミノ酸スコアも高く、クレソンにはビタミン、ミネラルが豊富に含まれていて、栄養価の高い一皿です。

大きめのサラダボウルでたっぷりいただけば、これ一皿で1食分になり、食器を洗う手間も省けるというものです。

ただ、まぐろのような大型魚は有害重金属(水銀など)を多く含んでいるので、毎日食べるのはあまりオススメできません。

ですが、たまにはこういうのも良いかなと思います。

 

《材料 1人分》

まぐろ(刺身用) お好みで、レタス お好みで、水菜 お好みで、クレソン お好みで、バゲット お好みで、オリーブオイル(エクストラバージンオイル) 適量、醤油 適量、わさび 適量、亜麻仁オイル お好みで

 

《作り方》

1.レタスは繊維に沿って手で食べやすい大きさにちぎる。

野菜類は冷水で洗ってから使いましょう。冷水に浸けることで、野菜がシャキっとしてきます。

2.水菜は食べやすい大きさに切る。

3.クレソンは茎部分は食べやすい大きさに切る。葉っぱはそのまま使う。

4.1~3(クレソンの葉っぱ以外)をサラダスピナーに入れ、水切りをする。

サラダスピナーがあると、野菜の水切りが楽にできますし、そのまま冷蔵庫にも入れることができますから、保存という意味でも便利です。

5.バゲットを食べやすい大きさに切って、トーストする。

バゲットに限らず、パンは一度トーストすることでグルテンが分解され、消化が良くなります。

6.まぐろをぶつ切りにする。

ぶつ切りのまぐろも売られていますから、それでもOKです。

7.オリーブオイル、醤油、わさびを混ぜ合わせ、ドレッシングを作る。

8.サラダボウルなどに1~6を盛り付け、ドレッシングを適量かける。

ドレッシングをかけすぎたり、バケットに直接かけてしまうと塩っぱくなるので、ご注意を。

9.最後に亜麻仁オイルをバゲットにかける。

バゲットと亜麻仁オイルの相性はとても良いです。

 

カテゴリー: レシピ タグ: , , , パーマリンク