全粒粉パスタを美味しく頂く方法

全粒粉パスタを最も美味しく頂く料理はナポリタンかもしれません。

全粒粉ナポリタン…全粒粉パスタの最も美味しい食べ方はこれかもしれない!

一般的に白米よりは玄米、うどんよりは蕎麦の方が栄養価が高いですし、そういう理由で玄米や蕎麦を頂く事もあります。

美味しさという観点でも、玄米には白米にはない美味しさがあり、蕎麦にはうどんにはない美味しさがある。そして逆も然り。

つまり、どちらが美味しいというのではなく、美味しさの種類が違うのです。

また料理の向き不向きもあります。

例えば、かつ丼を作るなら、ご飯は断然白米が合うと思います。ご飯を掻き込みたいですしね。

でも、ガパオライスにはパラパラした食感の玄米の方が合うと個人的には思っています。

エスニック料理は掻き込むというよりは、香りや辛みといった刺激をじっくり味わいたいですからね。

そんな事を考えて日々料理をしていますが、パスタ界における全粒粉パスタはちょっと可愛そうというか・・・玄米や蕎麦の様にスポットライトを浴びる存在ではないように思います。

ですが、ナポリタンという料理に限って言えば、全粒粉パスタは日の目を見てもいいのでは?と思います。

全粒粉パスタはモソモソとしていて少し粉っぽい(良く言えば蕎麦っぽい)のが特徴ですが、それがナポリタンには良く合います。

パスタの食感もアルデンテではなく、ちょっと柔らかめがナポリタンには合うと思うし、そういう意味でも全粒パスタは向いていると思います。

これは美味しさの種類が違うという事であって、別にナポリタンの唯一の正解が全粒粉パスタだとは思わないけど、これはこれで大いにあり。とても美味しい。という話です。

全粒粉パスタを食生活に取り入れたい方は是非、試してみて下さい。

■材料(1人分)

全粒粉パスタ 100g、塩 適量、玉ねぎ 1/4個 ピーマン1個、赤パプリカ お好みで、 マッシュルーム 4個位、鴨肉(スモーク) お好みで、 ケチャップ 適量、日本酒(あれば白ワイン) 大さじ1、みりん 大さじ1弱、 粉チーズ お好みで、タバスコ お好みで、ギー 適量

■作り方

①玉ねぎはくし切り、ピーマン、赤パプリカも同じような大きさにカットする。マッシュルーム、鴨肉は7㎜位にスライスする。

②パスタは好みの硬さになるまで茹でる。 アルデンテよりはもう少ししっかり茹でた方がナポリタンは美味しいと思います。

③フライパンを熱しギーを引いたら、鴨肉、マッシュルーム、玉ねぎの順番で炒めていき、玉ねぎに火が通ったところで、ケチャップを適量加え、分量の日本酒、みりんを加える。

パスタの茹で上がりより先にソースが出来てしまった時は一旦火を止めます。

④③に茹で上がったパスタを入れ、ソースをよく絡ませ、盛り付ける。お好みでタバスコと粉チーズを振りかけて頂きましょう!

カテゴリー: レシピ, 動画 タグ: , , , パーマリンク