具だくさんパエリア

具だくさんパエリア レシピ

下にあるサフランライスが全く見えないくらい、具材たっぷりのパエリアです。

シーフードの旨みと玄米のプチプチした食感がマッチして、とても美味しいですよ。

 

《材料 作りやすい分量》

あさり(大パック) 1パック、赤海老(刺身用) 8匹、スルメイカ 1杯、マッシュルーム 1パック 赤パプリカ 1個、にんにく 2片、玄米 2合、水 600cc、白だし 大さじ1、サフラン 0.2g、日本酒 60cc、 適量、菜種油 適量、黒オリーブ お好みで、せり(葉の部分) お好みで、レモン(くし切り) お好みで

 

《作り方》

(1)分量の玄米をサッと水洗いし水気を切ったら、鍋で乾煎りする。玄米の水気が完全に飛んだところで分量の水、白だし、サフランを入れ、蓋をしたら中火で加熱する。勢い良く煮立ってきたら、火力をトロ火にして30分加熱する。

玄米を乾煎りしてから水を加えると、お米が水分をよく吸ってくれます。この工程を行うことで、浸水の工程をカットすることができるのです。

シーフードからも旨みはしっかり出るので、白だしは入れなくてもOKです。

ちなみに鍋は一般的なパエリア用のものよりは、底が深いものが向いています。

(2)シーフードの下処理をする。あさりは砂抜き、塩抜きをする(あさりの下処理をご参照ください)。赤海老は殻は剥かず塩水(塩分濃度3%くらい)でサッと洗い、爪楊枝などを使い背わたを取り除く。スルメイカはワタ、目玉、口ばしを取り除き、ゲソについている吸盤を爪などでこそげ取り、食べ易い大きさにカットしておく。

基本的にスーパーなどで売られているあさりは砂抜きしてあるのですが、念のため砂抜きします。ものによっては砂が出てきます。

赤海老の背わた取りは、第二関節に爪楊枝を刺すとキレイに取り除くことができます。

イカの下処理はスーパーの魚売り場でもやってくれます。

(3)野菜をカットする。マッシュルームは縦7mm幅に、パプリカは食べやすい大きさにカットする。にんにくはみじん切りにする。黒オリーブは薄切りにしておく。

マッシュルームはある程度、厚みがあった方が存在感があって美味しくなります。

(4)フライパンを熱し油を引いたら、マッシュルーム、パプリカの順に炒めて、一度取り出す。この時に塩を適量振り、味を付けておく。

マッシュルームは塩気があった方が美味しいので、ここで味付けをしておきます。

(5)同じフライパンに油を追加したら、赤海老、スルメイカの順に焼き、一旦取り出す。

赤海老は殻が香ばしく焼けるまで割とじっくり焼きます。

スルメイカは少し色が変わるくらいでOKです。加熱し過ぎると硬くなってしまいます。

(6)同じフライパンに油を追加し、にんにくのみじん切りを入れてから、中火にかける。にんにくがきつね色になってきたら、あさりを投入。分量の日本酒を入れ蓋をして、貝が全て開くまで酒蒸しにする。

にんにくの香ばしさも、美味しいパエリアには欠かせません。香りが立つまでじっくりと加熱しましょう。

(7)サフランライスの上に先ほど取り出した野菜やシーフードを並べる。(6)のあさりもエキスごと加え、あさりは全体に散らし、蓋をして強火で5~10分蒸す。

あさりの酒蒸しの水分が加わるので、それを飛ばしつつ、全体にしっかりと火を通していきます。

(8)火から下ろし、黒オリーブ、せり、レモンのくし切りをトッピングしたら出来上がり。

レモンがあるとやはり美味しいです。

今回はせりの葉もトッピングしましたが、イタリアンパセリなどでもOKです。緑が少しあると、見栄えが良くなります。

 

カテゴリー: レシピ タグ: , , パーマリンク