秋刀魚の梅煮

さんまの梅煮 レシピ

秋刀魚と言えば、塩焼きが非常に美味しいわけですが、梅煮も美味しいものです。

今回は土鍋を使ってじっくり炊くことで、骨まで食べられるようしました。

また、しっかりと煮詰めておけば、お弁当のおかずにもなるので、オススメの一品です。

 

《材料 2人分》

秋刀魚 3本、生姜(千切り) お好みで、梅干し 1個、日本酒 150ml、水 100ml、米酢 70ml、みりん 大さじ2、醤油 大さじ1.5

 

《作り方》

(1)さんまは頭と尾を切り落とし、三等分の筒切りにする。包丁の背の部分を使いながら、腸を取り除き、水で割とよく洗う。表面の水気はキッチンペーパーなどで拭き取っておく。梅干しは種を取り除き、実の部分はみじん切りにしておく。

まな板の上に新聞紙を敷いて作業すると、まな板が汚れません。また、頭やワタをそのまま包んで捨てることが出来るので、便利です。

(2)土鍋に分量の日本酒、水、米酢、みりんを入れ、ひと煮立ちさせたら、秋刀魚を並び入れる。生姜も加えたら、落し蓋をして、弱火~中火で20分ほど炊いていく。

土鍋で炊くと秋刀魚の骨まで火が通り、やわらかくなります。

また、米酢も骨を柔らかくする効果があります。

みりんを入れることで、秋刀魚の皮が剥がれづらくなり、艶も出るので、見栄えが良くなります。

落し蓋は必須です。無ければ、アルミホイルなどで作りましょう。

(3)鍋に分量の醤油、梅干しを加えて、鍋を軽く揺する。再度落し蓋をして10分ほど煮詰める。煮汁が少なくなってきたら、出来上がり。

土鍋で作れば、そのまま食卓に出してもお洒落ですし、楽ちんです。

 

カテゴリー: レシピ タグ: , パーマリンク