さつま芋としめじの玄米ドリア

さつまいもとしめじの玄米ドリア レシピ

栄養価の高い玄米ですが、苦手な方もいらっしゃると思います。

別に白米がダメというわけではなく、主食以外からもバランスよく栄養を摂ればいいと思うのですが、玄米がヘルシーな食材であることに変わりはありません。

というわけで、玄米を美味しくいただくレシピも良いものがあれば、ご紹介しようと思っていて、今回はドリアです。

具材は季節の食材、さつま芋としめじ。

それから、今回は生クリームのかわりにココナッツミルクを使いましたが、さつま芋のほのかな香りと相性も良いです。

玄米をマカロニに変えれば、グラタンにもなるレシピです。

 

《材料 4人分》

牛挽肉 200g、玉ねぎ 1個、さつまいも 2本、しめじ 1パック、にんにく(すりおろし) 1片分、ローリエ 1枚、日本酒 大さじ2、牛乳 600ml、ココナッツミルク 200ml、白だし 大さじ1、塩麹 大さじ2、塩 適量、米粉 適量、ナツメグ お好みで、黒胡椒 お好みで、チーズ(ピザ用) お好みで、パン粉 お好みで、バター お好みで、ギー 適量、玄米ご飯 1.5合くらい

 

《作り方》

(1)玉ねぎはみじん切り、さつまいもは1cm角くらいにカットする。しめじは石づきを切り落とし、ほぐしておく。

さつまいもは意外と火の通りが悪いので、割と小さめにカットします。

(2)炒め鍋を熱しギーを引いたら、玉ねぎを炒める。玉ねぎがしんなりしてきたら、牛挽肉を加え、塩を適量振りかけて炒める。挽肉に火が通ったら、さつまいも、しめじも投入し、全体を炒める。

(3)全体にある程度火が通ったら、ローリエ、分量の日本酒、牛乳、ココナッツミルクを入れて加熱する。さつまいもが好みの食感になったら、分量の白だし、塩麹、塩を適量加える。味が決まったら、米粉を適量入れて、とろみを出す。火を止めて、お好みでナツメグ、黒胡椒を入れ、軽く混ぜあわせる。

牛乳はやはり低温殺菌のものが美味しいです。

牛乳、ココナッツオイルはグツグツ煮立ててしまうとタンパク質が分離して見栄えが悪くなります。火力が強くなり過ぎないように注意します。

(4)耐熱の容器の底ににんにくのすりおろしを塗り、ギーを薄く引く。(3)のホワイトソースを容器の1/3くらいまで入れたら、玄米ご飯を入れて、残りのホワイトソースを入れる。ピザ用のチーズをのせ、お好みでパン粉を振りかけたら、バターをスライスして全体に乗せる。

生のにんにくすりおろしを容器の底に塗ると、にんにくの香りがほど良く残り、美味しく仕上がります。

これはグラタンも同様ですが、上にまぶしたパン粉のサクサクを楽しみたい場合、バターを乗せると良いです。バターを乗せないと、サクサク感も半減しますし、焼き色も出づらくなります。

(5)オーブン予熱あり230℃で15分ほど焼く。チーズがこんがり焼けたら出来上がり。

 

カテゴリー: レシピ タグ: , , , パーマリンク