野菜たっぷりミーゴレン

野菜たっぷりミーゴレン レシピ

ミーゴレンとはインドネシア語で、ミーは「麺」、ゴレンは「揚げる」という意味です。

実際のところは、揚げずに炒めて作わけで、要するにインドネシアやシンガポールで親しまれている「焼きそば」のことです。

一般的なミーゴレンはケチャップマニス(マニスは「甘い」の意味)を使うので甘みがあります。

また、にんにく、唐辛子、ナンプラーなども使うので、スパイシーでエスニックな味が特徴です。

ちなみに、インドネシア語で、ナシは「飯」という意味ですから、ナシゴレンはインドネシアの「炒飯」になります。

いずれもビールによく合うので、夏にぴったりの料理です。

 

《材料 2人分》

市販の焼きそば 2袋、むきえび 1パック、甘長唐辛子 1袋、もやし 1袋、にら 1束、赤唐辛子(生) お好みで、にんにく 1片、ナンプラー 大さじ2、みりん 大さじ2、塩 適量、オイスターソース お好みで、ココナッツオイル(無臭タイプ) 適量

 

《作り方》

(1)甘長唐辛子は2~3等分に斜め切り、にらは4cm幅に、赤唐辛子は小口切りにする。にんにくはみじん切りにする。焼きそばは袋から出し、手でよくほぐしておく。分量のナンプラーとみりんを合わせておく。

生の赤唐辛子で辛みを調節します。今回は6本入れましたが、だいぶ辛くなります。

市販の焼きそばは、ここでしっかりほぐしておくと、炒める時に楽です。

(2)炒め鍋を熱し油を引いたら、にんにくを入れる。にんにくの香りが立ってきたら、むきえびを投入する。ここでむきえびに軽く塩を振り、味付けをする。8割くらい火が通ったところで、一旦取り出す。

にんにくのみじん切りは焦げやすいので、弱~中火で加熱します。

(3)同じ炒め鍋を再度火にかけ、油を少し追加したら、甘長唐辛子、もやしを入れ、強火でさっと炒める。野菜にある程度、火が通ったところで一旦取り出す。

野菜は加熱しすぎると水分が出てくるので、強火で一気に炒めます。

(4)同じ炒め鍋を再度熱し油を割と多めに引いたら、赤唐辛子を入れ軽く炒める。次に焼きそばを加えて、両面を香ばしく焼く。それから軽くほぐす。

焼きそばは先に両面をしっかりと焼き付けると、カリッとした部分ができて、食感が良くなります。このあたりはお好みで良いと思いますが。

火力が弱いと焼きそばがくっつくことがあるので、火力は強火です。油も割と多めの方が上手く仕上がります。

(5)取り出した野菜を戻し入れ、全体を炒め合わせていく。合わせ調味料を3回くらいに分けて入れる。お好みでオイスターソースを加えたら、全体に調味料の味を馴染ませる。最後にニラを加えて、さっと炒めたら出来上がり。

合わせ調味料は数回に分けることで、ほど良く水分が飛んで、ベチャッとした仕上がりになるのを防いでくれます。

ニラは火の通りが早いので、最後に入れます。

オイスターソースは結構しょっぱいので、入れ過ぎに注意しましょう。

ポーチドエッグをトッピングするとさらに美味しいですよ。

 

カテゴリー: レシピ タグ: , パーマリンク