プライベート料理教室のご案内

家庭料理をもっと美味しく、健康的に

今回はプライベート料理教室のご案内になります。

冒頭にも書きましたが、テーマは「家庭料理をさらに美味しく、健康的に」です。

というのも、本来、家庭料理とは美味しくて、それを食べることで健康維持もできるという、素晴らしいものだと思うのです。

だから、僕は料理を全くしないという方を見ると、「人生だいぶ損してる・・」と思わずにはいられません。

もちろん、料理を作ってくれる人がいるのなら、現実的に困ることはないでしょうが、料理とは自分だけではなく、誰かに喜んでもらうこともできます(美味しく作れば)。それはとても嬉しいものです。

そういう意味でも、料理はできた方がいいし、かつ、それが健康に配慮されたものであれば、尚良いと思うのです。

自分自身はもちろんのこと、家族など、周りの人たちも健康でいられるのなら、それに越したことはないですから。

いずれにせよ、

「美味しい料理が人生の楽しみであると同時に、それ自体を健康法にする。」

そんな想いを持って、僕はこのサイトの記事を書いてきました。そして、その実践版がこの料理教室です。

興味を持っていただけたら、奮ってご参加いただけたらと思っています。

 

“3つの特徴

今回募集するプライベート教室料理の特徴は大きく、3つあります。簡単に説明しておきましょう。

 

1.少人数制

プライベート教室料と言っているくらいなので、ひっそりと、そしてじっくりと料理を学んで欲しいと考えています。

具体的にはマンツーマン、ないし同伴者も一緒に受講できるというスタイルになります。

例えば、料理初心者の方は、周りの目が気になることがあるかもしれません。(周りの人たちが料理が上手かったらどうしよう・・とか)

もしくは、人付き合いが煩わしいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、今回のようなスタイルであれば、そういった心配がありません。

マンツーマンであれば、それこそじっくりと料理に没頭できるわけですし、気心知れた同伴者と一緒に楽しく料理を学ぶこともできるからです。

もちろん、男性でも女性でも構いません。

 

2.オーダーメイド型

オーダーメイド型というのは、事前に個別のコンサルを行い、受講者のご要望をしっかりとヒアリングし、それからカリキュラムを組むスタイルを意味します。

ですから、多くの料理教室のように、予め何らかのテーマが決まっているわけではありません。

あなたが作りたい料理、今のあなたに必要な料理を作ることができるという利点があります。

実際に作る料理は、いわゆる「家庭料理の定番メニュー」になるとは思いますが、特にジャンルに制限はありません。

 

いずれにしても、その都度、何らかのテーマは決めて、レッスンは行います。

例えば、「基本の和食」というテーマの回では、肉じゃが、鯖の味噌煮、鰯のなめろう。この3品を作りました。

また、別の回では、「ヘルシー屋台飯」というテーマで、野菜たっぷりミーゴレン、小麦粉不使用の豚バラ肉のねぎ焼きを作りました。

もちろん、これらは一例に過ぎませんが、基本的には受講者のニーズ、作りたいものを取り入れつつ、具体的なメニューをご提案させていただきます。

 

3.健康的

そして3つ目ですが、今回の料理教室には、「美味しい」というだけではなく、「健康的」という要素も加わります。

元々、僕は栄養学、予防医学について学び、教材を作ったり、コンサルをしてきた経験もあるので、別に意識しているわけではないですが、いわゆる「健康オタク」というやつです。

そんなこともあり、健康に良いと言われていることはだいたい試してきました。

巡る巡って、ようやく分かってきたことがあります。

それは「手料理」こそが最高の健康法ではないか。ということです。

なぜ、そう言い切れるのか?という話は別の記事でも話していることなので、ここでは割愛しますが、「自分の手で料理を作る」ことに意味があり、それが最高の健康法なのです。

ただし、何の知識もなく、ただ自炊すればいいというわけでもありません。

最低限の栄養学、予防医学の知識は押さえた上で、料理をすべきだとも思います。

これは何も難しいことはありません。

必要最低限の知識については、レッスンの中で身につくように解説していくことなので、その点はご安心ください。

 

それと一応、誤解のないように言っておきますが、基本的に料理とは美味しいものです。

いくら健康に配慮して料理を作ったとしても、それが美味しくなかったら、料理の意味が薄れるし、そもそも、それが本当に健康的なのか?僕は微妙だと思います。

実際に僕自身、健康面に配慮しながら、料理を作っているわけですが、美味しくないものなんて基本的にありません。

おそらく、本当に美味しい料理とは、健康にも良いものなのです。

 

募集要項”

といったところで、早速ですが、今回のプライベート料理教室の募集要項になります。

まず、具体的な内容ですが、次の3つです。

1.事前コンサル(1回)

2.マンツーマンレッスン(全2回 or 6回)

3.メールサポート

 

1.事前コンサル

事前コンサルとは、初回に行う面談のことです。

今回のプライベート料理教室は、受講者のライフスタイルやご要望をじっくりとお聞きした上で、カリキュラムを組もうと考えています。

そして、そのために事前コンサルを行おうと思ったわけです。

コンサルというと、こちらが何かを教えるというイメージが強いかもしれませんが、必ずしもそんなことはなく、今回の料理教室に何を求めているのか?どんな料理を作りたいのか?など。まずは、受講者のニーズを知りたいと考えています。

あなたが日々の食生活、健康法において、疑問に感じていることがあれば、その場で聞いていただいて構いません。

疑問を晴らした上で、レッスンに臨んだ方が効果的に学べると思いますし。

もちろん、料理のことも含めてですが、疑問や質問は多いと思うので、時間が許す限り、いろいろと聞いてみてください。

時間は2時間くらい。

場所は別途、ご連絡しますが、東京都内のカフェで行います。

 

2.マンツーマンレッスン

先に触れたとおりで、レッスンは基本的にマンツーマンで行いますが、同伴者と一緒に受講することも可能です。

ご夫婦で、彼氏、彼女と一緒に受講したい。場合によっては、友人と、あるいは親子で受けたい、という方もいらっしゃるかもしれません。

いずれも、大歓迎です。

ただし、同伴者は基本的に1人までとさせてください。(小さなお子様がいらっしゃる場合は事前にご相談ください。なるべく対応します。)

 

レッスンの回数は、全2回コース、全6回コースをご用意しました。お好きなコースをお選びください。

ただ、中にはもっとレッスンを受けたいという方もいらっしゃるかもしれません。その場合、別料金ではありますが、追加レッスンを受けることも可能です。

日程は事前に予約していただきます。曜日は場所の都合で申し訳ないのですが、水曜日、もしくは日曜日になります。

レッスンの時間は原則、11時~15時までとさせてください。

具体的な内容については、先に話した通りで、事前コンサルを行って決めますが、基本的には、美味しく、健康面にも配慮した料理(家庭料理の定番と呼ばれるものがメインになるとは思いますが)を作ります。

また、「料理を殆どしたことがない」という方もいらっしゃると思いますので、「なるべく手軽に」という要素も加えて、カリキュラムを組もうと考えています。

詳しいことは、繰り返しになりますが、事前コンサルで決めましょう。

受講期間は余裕を持って、全2回コースは6ヶ月間、全6回コースは1年間とさせていただきます。

ただ、これに関しては、お互いの都合が合わず、なかなかレッスンができないことも考えられるので、あくまで目安とお考え下さい。

 

場所は、受講者には後日ご案内差し上げますが、東京都清瀬市のマンションになります。西武池袋線、清瀬駅が最寄り駅です。(駅から徒歩15分、バスをご利用する場合はバス3分、徒歩0分です。)

ちなみに、教室の雰囲気はこんな感じです。

調理器具、食材等はこちらでご用意します。

当日はエプロンをご持参ください。

 

3.メールサポート

料理、健康法のことで、何か気になること、分からないことがあれば、いつでも、何度でもメールで相談することができます。

「レッスンでも使っていたバターはどこで買えますか?」とか、「レッスンで使っていた中華鍋は直径何cmでしたっけ?」とか。

「実家から大量にピーマンが送られてきたのですが、ピーマンはどんな料理に使えますかね~?」とか。

そんな感じの質問でも構いません。

また、「昨日こんなの作ってみました!」という報告的な写メを送っていただいても構いません。

メールサポートの期間ですが、こちらも余裕を持って、全2回コースは受講開始から6ヶ月間、全6回コースは1年間とさせていただきます。

 

続いて、受講料のご案内です。

全2回コースは10万円。全6回コースは20万円になります。

同伴者がいらっしゃる場合は、全2回コースはペアで12万円。全6回コースはペアで25万円になります。

いずれも、材料費、消費税込みです。

それから、お申し込み後の流れですが、まず、事前コンサルの日程調整のご連絡を差し上げます。

事前コンサルの日程が決まりましたら、1週間以内に受講料をお支払い下さい。

お支払い方法ですが、銀行振込でお願いできればと思います。

 

募集要項は以上になります。

 

”こんな方に受講していただきたい”

僕は常々、

「みんな料理できるようになればいいのに・・」

と思っているので、興味を持っていただけたら、老若男女、どなたでも参加して欲しいと思っています。

それこそ、全く料理をしたことがないという正真正銘の初心者でも全然構いません。(実際に、これを機に料理を始めたという方も多いです。)

包丁の使い方はもちろんのこと、各種調理器具の使い方、選び方についてもお伝えするので、ご安心いただけたらと思います。

 

そろそろまとめに入ろうと思いますが、冒頭にも書いたとおり、我が料理教室のテーマは「家庭料理をさらに美味しく、健康的に」です。

つまり、レッスンでは家庭料理の作り方を学ぶわけです。

なので、家庭で食事を作る方には受けて欲しい内容であることには間違いありません。

ですが、個人的には、特に独り身の方(家庭を持っていない方)に受講していただきたいと考えています。

もちろん、同居されている方がいらっしゃって、料理を作ってくれるなら話は別ですし、自炊の習慣がある方なら安心なのですが、外食に頼りっきりでは、食事による健康法を確立するのが困難だからです。少なくとも、ベストではないのです。

今は昔と違い、どんな食生活が健康を害するか、逆に健康維持に繋がるか、だいぶ説明できるようになってきました。にも関わらず、外食産業の多くは、それらに着手する余裕がありません。

ですが、家庭料理でなら、ある程度、それらの問題点は解決できますし、家庭料理だからこそ、解決できる問題点もあると考えていて、それをレッスンでお伝えしたいのです。

 

お客さんによく言われることがあります。

「これはお店では食べられないですね・・」

このお店が何を指しているのか?それはさておき、肉じゃがにしろ、筑前煮にしろ、「また食べたい」と思える料理に出会うのは実はとても難しいことです。

早い話、ちょっと高級なお店に行かないとまず無理です。

家庭料理の正解を知ってしまうと、そういう味覚になってしまうのです。

ですが、自分で料理が出来るようになれば、必ずしも高級なお店に行くこともありません。

自分で作った料理が、「これはお店では食べられないですね・・」レベルのものなのですから。

というわけで、我が料理教室、大いに期待して、受講していただけたらと思っています。

 

では、僕にしては珍しく、短くシンプルなご案内でしたが、今回お伝えしたいことは以上になります。

ご興味を持っていただけたら、料理という優雅な世界を一緒に楽しめたら嬉しいです。

最後になりましたが、プライベート料理教室の受講をご希望される方は、こちらのフォームからお願いします。

それでは、皆様とお会い出来る日を楽しみにしています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

※料理教室のことで何か質問がございましたら、こちらのお問い合わせフォームから、ご連絡ください。

 

カテゴリー: 料理教室 タグ: パーマリンク