ブルーベリー酵素

ブルーベリー酵素 レシピ

7月に入り、今年も国産のフレッシュなブルーベリーが手に入るようになりました。といっても、ネットでですが。

スーパーで売られている生のブルーベリーは基本的に輸入ものなのですが、6月~8月にかけては国産ものも一応手に入る時期なのです。

いずれにしても、生のブルーベリーは貴重品ですから、今回のように手作り酵素にするというのは良い考えだと思います。

以前、いちご酵素をご紹介しましたが、そのブルーベリーバージョンだとお考え下さい。

いちご酵素の時は発酵を促進させるために昆布を使いましたが、今回はブルーベリーの酵母、手の常在菌だけでも十分発酵するので、昆布は入れません。

その代わり、1日2回かき混ぜます。

 

使い方としては、いちご酵素同様、ヨーグルトのソースにしたり、炭酸水やお酒で割っても良いです。

焼酎や、アルコール強めが好きな方はホワイトリカーで割り、ロックで飲むと美味しいです。

ちなみに、写真は濾す前のもの(6日目)です。

 

《材料 作りやすい分量》

ブルーベリー(生) 1kg、白砂糖 1.1kg

 

《作り方》

(1)分量のブルーベリーをさっと洗い水気を拭き取っておく。

(2)鍋などの容器に分量の白砂糖とブルーベリーを入れ、全体を馴染ませる。ブルーベリーは軽く潰しながら砂糖に馴染ませていく。

白砂糖とブルーベリーは数回に分けて、交互に入れると、全体を混ぜ合わせ易くなります。

ブルーベリーは潰しすぎると、濾すのに時間がかかりますし、果肉部分を取り除くときに苦労します。完全に潰してしまわないようにしましょう。

(3)1日2回、素手でかき混ぜて、1週間が経過したら濾す。コーラなど炭酸飲料のペットボトル移して、冷暗所で保存する。

保存用のボトルはコーラなど炭酸飲料が入っていたものがオススメです。

酵素ドリンクは非加熱の発酵飲料です。

要するに、菌が「生きている」状態なので、容器に圧が加わります。

なので、ミネラルウォーターなどの一般的なペットボトルに入れてしまうと、ボトルが変形して安定感が悪くなることがあります。

また、同じ理由で、蓋は軽く乗せる程度にして、密閉しないようにしましょう。

ガラス瓶に入れて、かつ密閉してしまうと、最悪割れることもあるので注意です。

 

ちなみに、残ったブルーベリーの果肉も食べることが可能です。

ヨーグルトに加えてもいいし、ジャムのようにパンにのせても良いです。

また、スムージーに甘みを加えるのにも使えます。

フレッシュな国産のブルーベリーはこの時期にしか手に入らないので、興味がある方は是非試してみてください。

 

カテゴリー: レシピ タグ: , , , , , パーマリンク