小松菜と油揚げの甘味噌炒め

小松菜と油あげの甘味噌炒め レシピ

小松菜と油揚げは、味覚的にも栄養学的にも相性の良い組み合わせです。

シンプルに、鰹だしの中に入れて、煮浸しにしていただいても美味しいですが、あまりご飯のおかずにならないというデメリットがあります。(それがメリットの方もいらっしゃるでしょうが)

ですが、今回のような甘しょっぱい炒め物にすれば、油揚げが調味料をほど良く吸ってくれるおかげで、ご飯がすすむおかずにもなります。

また、もう一品欲しい時の副菜にもなるので、お弁当にも最適です。

 

《材料 作りやすい分量》

小松菜 1袋、油揚げ 2枚、長ねぎ(白い部分) 1本分、醤油 大さじ1、甜麺醤 大さじ1/2、紹興酒 大さじ1、菜種油 適量

 

《作り方》

(1)オーブントースターで油揚げを好みの食感になるまで焼く。粗熱がとれたら、縦半分に切ってから、細切りにしておく。

トースターで焼くときは下にアルミホイルを敷くと良いです。油が出てトースターが汚れてしまうので。

もちろん、油揚げを湯通しするという方法でも構いません。

いずれにしても、市販の油揚げは何らかの下処理をすると、美味しくなります。下処理しないと、どうしても加工食品特有の嫌な臭いが残ってしまいます。

(2)合わせ調味料を作る。小さなボウルに分量の醤油、甜麺醤、紹興酒を入れて、よく混ぜ合わせておく。

紹興酒は無ければ、日本酒で代用できます。

(3)小松菜は茎と葉の部分に分けて、茎は食べ易い大きさに切る。葉の部分は2cm幅くらいにカットしておく。長ねぎは縦半分に切ってから、斜め薄切りにする。

小松菜は根元を切り落とし、バラしてから洗うと、付着している土も洗い流せます。

ちなみに、小松菜を茹でる時はバラバラにしてしまうと、後でまとめるのが面倒になってくるので、根元に十字の切込みを入れて洗います。

小松菜は葉の部分が意外と硬いので、割と細かく切ると良いです。

(4)炒め鍋を熱し油を入れたら、小松菜の茎の部分から強火で炒めていく。7割くらい火が通ったら、小松菜の葉を加えて、全体を炒める。さらに、油揚げ、長ねぎも加えて全体をさっと炒める。

火力は終始、強火です。

(5)合わせ調味料を数回に分けて加えて、強火で炒める。全体に調味料を馴染んだら、出来上がり。

調味料は鍋底にこびりつかないように、入れたらすぐに鍋を揺すりながら、全体に馴染ませます。

 

カテゴリー: レシピ タグ: , , パーマリンク