かぼちゃプリン

南瓜プリン レシピ

プリンは好きなので自分でもたまーに作るのですが、今回はかぼちゃプリンをご紹介します。

健康のことを考えるようになると、砂糖をたっぷり使った食べ物はなるべく避けよう。そう思うようになります。

一方で、「健康的なスイーツを食べたい、作りたい。」というニーズが多いことも知っています。

個人的には、そこはもう割り切ることにしているのですが。(要するに、甘いものを食べる時は、ヘルシーのことはあまり考えないようにしている、ということです。)

ですが、もし健康に配慮されたスイーツがあるのなら、それはそれで、とても良いことだとも思います。

おそらく健康的なスイーツとは、今回のかぼちゃプリンのようなものではないでしょうか。僕はそう考えています。

主役は砂糖でも小麦でもなく「かぼちゃ」ですし、砂糖も控えめではあるので。

ちなみに、今回は直径18cmの型を使いました。かぼちゃ半分あれば作れるサイズです。

 

《材料 直径18cm》

かぼちゃ(皮は除いて) 400g、卵(全卵) 4個、牛乳 400g、てんさい糖 50g、バニラエッセンス 5滴ほど

※カラメルソースの材料

白砂糖 50g、水 大さじ2、熱湯 大さじ3

 

《作り方》

(1)かぼちゃを4cm角くらいに切ったら、フライパンに並び入れる。水をひたひたに入れ、蓋をして下茹でする。加熱時間は煮立ってきてから10分ほど。下茹でが終わったら、陸上げにする。

かぼちゃの分量ですが、1/2個を茹でると少しだけ余る感じなので、ちょうど良いと思います。

かぼちゃは竹串が割と楽に刺さるくらいまで茹でます。

(2)カラメルソースを作る。小鍋に分量の白砂糖、水を入れたら、中火にかける。茶色に変わってきたら弱火にする。お好みの色になってきたら火を止めて、分量の熱湯を一気に入れる。カラメルソースが熱いうちに、型に流し入れる。

熱湯を入れる時の蒸気が凄まじいので、火傷しないように注意します。

カラメルソースは固まってくるので、熱いうちに型に移します。

(3)かぼちゃの皮を除きながら裏ごしして、ボウルに入れておく。

かぼちゃの皮はもちろん食べられますが、ここでは使いません。

(4)卵4つを泡立て器でよく溶く。(3)に分量のてんさい糖を入れる。溶き卵を何度かに分けて入れて、混ぜ合わせていく。

卵はコシがなくなるまで、しっかりと溶きます。

(5)鍋に分量の牛乳を入れ、煮立つ直前まで加熱したら、先ほど同様、(3)に何度かに分けて入れ、全体を混ぜ合わせる。さらに分量のバニラエッセンスを加え、混ぜ合わせる。

牛乳は低温殺菌のものを使うと良いです。味も良いですし、健康的です。

バニラエッセンスを入れ過ぎると取り返しのつかいないことになります。注意しましょう。

(6)生地をザルで濾しながら、型に流し入れる。オーブンの天板に熱湯(分量外)を適量入れて、オーブン170℃(予熱あり)で40分間、蒸し焼きにする。

当たり前ですが、熱湯は非常に熱いです。触れないように注意します。

オーブンの加熱時間は機種や季節によってだいぶ違います。慣れないうちは、30分くらいしたら、竹串を差してみて火の通りをチェックすると良いです。

(7)型より大きなサイズの容器に氷水を準備し、オーブンから取り出した型を入れて冷やす。粗熱がとれたら、ラップをして冷蔵庫で冷やす。

型を氷水に入れることで、余熱で火が通り過ぎるの防ぎます。

(8)型からプリンを取り出す。側面に竹串を刺して一周させてから、お皿を上にかぶせ、ひっくり返す。あとは切り分けて、いただくだけ。

テフロンの型であればキレイにプリンが出てくるはずです。焦らずゆっくり取り出しましょう。

 

カテゴリー: レシピ タグ: , パーマリンク