ハッセルバックポテト

ハッセルバックポテト レシピ

今日はスウェーデンの国民食、「ハッセルバックポテト」をご紹介します。

ハッセルバックポテトとは、じゃがいもに薄い切り込みを多数入れて、オーブンで焼くというシンプルな料理です。

見た目がアコーディオン状なので、現地ではアコーディオンポテトと呼ばれることもあります。

ちなみに、ハッセルバックポテトという名前は、ストックホルムのレストラン「Hasselbacken(ハッセルバック)」の看板メニューだったようで、それが由来だそうです。

薄い切れ目にはにんにくのスライスを入れたり、チーズやベーコンを入れたりと、お好きな具材を入れて楽しむこともできます。

ローズマリーあたりも相性が良いです。

 

《材料 2人分》

じゃがいも(メークイーン) 4個、にんにくのすりおろし 1片分、ミニトマト お好みで、塩 適量、ギー 適量

 

《作り方》

(1)じゃがいもは皮は剥かず、芽があれば取り除き、なるべく薄く切り込みを入れていく。

ハッセルバックポテトは、じゃがいもを最後まで切らないのがポイントです。

下に割り箸を2本敷くと切りやすいです。割り箸が動くので、輪ゴムで軽く固定しておくとさらに切りやすくなります。

(2)じゃがいもをグラタン皿などにのせ、にんにくのすりおろし、塩、ギーを混ぜ合わせたものをじゃがいもにかける。

切り込みの内側にもオイルが染み渡るように、しっかりと塗りこみます。

今回はじゃがいもと相性が良いギーを使いましたが、オリーブオイルなどでもOKです。

(3)オーブンを200℃の予熱にし、じゃがいもを40分ほど加熱する。

(4)オーブンを一度開けて、ミニトマトも追加したら、オーブンの温度を220℃に上げて、さらに10分ほど加熱する。中までしっかりと火が通っているのが確認できたら、完成。

加熱時間はオーブンによって違ってくるので、そのあたりは微調整してください。

 

カテゴリー: レシピ タグ: , , パーマリンク