力の種

今日は中南米のスーパーフード、「チアシード」をご紹介します。

チアシードとは、シソ科の植物「チア」の種で、えごまの仲間です。

主にメキシコやペルーなど中南米で生産されていて、現地ではとてもポピュラーな食物の1つです。

チアとはマヤの言葉で「力」という意味があり、シードとは種のことですから、チアシードには「力の種」という意味があるのです。

実際に食べてみると分かりますが、少量食べるだけでも、エネルギー切れせずに、いつもと変わらない生活を送ることができます。

「力の種」と呼ばれているのも頷けます。

 

参考がてら、チアシードの五大栄養素の含有量を載せておきます。

ご覧のとおり、チアシードには五大栄養素がぎっしり詰まっていて、そのバランスも理想的です。

これらの栄養素に注目すると、チアシードはヘンプシードに非常に近いのですが、実は大きな違いがあります。

それは、チアシードは水分を吸収して、ゼリー状になる点です。

チアシードは水に浸すと、水分を吸収し膨張して、表面がアロエのゲルのようなもので覆われるようになるのです。

その結果、タイムリリース作用が働き、チアシードの栄養素はゆっくりと消化、吸収されるようになります。

 

例えば、糖質であれば少しずつエネルギーに変換されるので、持久力が高まると言われています。

現にメキシコのタラウマラ族は長距離走の能力に長けていることで有名なのですが、彼らは走行中にチアシードを食べているそうです。

また、これは21世紀になってからのことですが、タラウマラ族の52歳のランナーが320kmという長距離レースで、若いランナーたちと競り合い上位入賞したというエピソードもあります。

やはり彼もレース中にチアシードを食べていたと言います。

最近の研究でも、チアシードを食べると持久力が向上することが立証されています。

しかも、糖質がゆるやかに消化、吸収されるということは、血糖値が乱高下するのを防いでくれますから、空腹を感じづらくなります。

その結果、肥満や糖尿病の予防になるというメリットもあるのです。

 

それから、チアシードには必須脂肪酸も豊富に含まれていて、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の含有比率は1:3で、オメガ3の方が多いです。

なので、チアシードは現代人に不足しがちなオメガ3脂肪酸の貴重な摂取源にもなるわけです。

 

それともう1つ、チアシードの注目すべき栄養素は、ホウ素(ボロン)です。

ホウ素は、副腎皮質ホルモン、エストロゲンなどの性ホルモンを合成するという、極めて重要な役割を担っているのですが、現代人の多くはこのホウ素が不足傾向にあります。

一説によると、ホウ素は推奨量の1/10も摂れていないそうです。

本来、ホウ素は野菜、果物、豆、ナッツ類に含まれているものですが、現代では土壌の悪化などにより、殆ど含まれていないのが現状なのです。

ですから、チアシードのようなスーパーフードの力を借りることも、実は現代という時代を健康に生きる上で、とても重要なことなのです。

 

チアシードの食べ方ですが、一番良いのは水に浸して、つまりソーキングしていただきます。

チアシードはものによっても違うのですが、水に浸すとカサが7~14倍にも膨らみます。

食べ過ぎるとお腹がゆるくなる場合があるので、まずはチアシード大さじ1を常温の水100mlに30分以上浸してから、食べてみると良いかと思います。

「一晩は浸した方がいい」という方もいらっしゃるのですが、現地の人々はそのまま口に入れて食べているそうなので、そこまで浸す必要もないのでは?と感覚的には思います。

注意点としては、水以外で戻す場合、もしくは冷水の場合は、なかなか水分を吸ってくれないので、少し時間が必要です。なので、常温の水で戻すのがベストではあります。

いずれにしても、一晩水に浸けておけば間違いないです。

それから、水に浸した時に、よくかき混ぜるのも忘れないでください。かき混ぜないと、チアシード同士がくっつき、うまく水分を吸ってくれなくなります。

 

個人的にオススメな食べ方は、チアシードをココナッツウォーターで戻す方法です。

チアシード大さじ1に対して、ココナッツウォーター100ml弱を入れて、常温でよくかき混ぜます。2回くらい時間差でかき混ぜると良いです。

ココナッツのフレーバーが加わるので、そのまま食べてもとても美味しくいただくことができます。

また、これをギーコーヒーに入れるというのもオススメです。

チアシードのプチプチとした食感が楽しめますし、腹持ちも良くなります。

ちなみに、現地の方はパンケーキやスープ、スクランブルエッグといった加熱調理にもチアシードを入れて食べているくらいなので、生のものばかりを食べているわけでもないそうです。

チアシードばかり食べるのもどうかな?と思っていて、チアシードの加熱調理は試していないのですが、もし良い調理アイデアがあれば、またご紹介できればと思っています。

 

カテゴリー: 食材・食品 タグ: , パーマリンク