グリーンスムージー

グリーンスムージー レシピ

現代人に不足しがちな葉もの野菜をミキサーで攪拌し、それらを丸ごといただくグリーンスムージーの作り方です。

スムージーはジュースとは違い、食物繊維も摂れるというメリットがありますし、割と手軽に作ることができますから、朝食にも向いていると思います。

食物繊維が含まれている分、腹持ちもそれなりに良いです。

材料は普段不足しがちな葉物野菜を使うということがポイントですが、甘味と酸味にも意識すると飲みやすくなります。

例えば、今回であれば、甘味に手作り酵素の原液を、酸味にキウイフルーツを使っています。

また、料理で余った野菜、もしくは通常の料理では使いづらいものを、グリーンスムージーの材料に使うのもオススメです。

例えば、僕の場合であれば、アロエの先の方は果肉が少なく、皮を剥くのが大変なので、その部分は細かく切って、スムージーの具材にします。

アロエの表皮は苦くて食べにくいのですが、スムージーにすれば何とか飲むことができます。それでも、やはり苦いですが。

あとはクレソンの茎の部分も、結構辛い場合は、スムージーに入れたりします。

ちなみに、ほうれん草は生で食べない方がいい野菜ですが、最近のほうれん草は昔のものに比べて反栄養素の量は多くありませんし、下記の量くらいであれば、スムージーの材料に使っても良いものです。

 

《材料 600mℓ分》

ほうれん草 1/2袋、大葉 20枚、キウイフルーツ 1個、ココナッツウォーター(水でもOK) 150mℓ、手作り手作り酵素の原液(なければ、ハチミツを適量) 20mℓ

 

《作り方》

(1)葉もの野菜、果物を一口大に切り、他の材料と一緒にミキサーに入れて、攪拌するだけ。

果物など重みのあるものを先に入れて、葉っぱ系は最後に入れると、上手く撹拌できます。

 

カテゴリー: レシピ タグ: , , , , , パーマリンク