女性にオススメの炒め鍋

男女限らずですが、一人暮らしの方で自炊を行っている人は、「なるべく手軽に料理をしたい」というニーズがとても強いようです。

それは分かる話ですが、人とは不思議なもので(特に女性は)、「誰かのために」という条件が加わると、自分一人の時よりも一生懸命料理をするようになります。

そして、それは多くの場合、料理にかける時間も増えるし、品数も増えます。よって、基本的に栄養のバランスも良いものになっています。

もちろん、これは良いことではありますし、そのためのアイデアもこのサイトでお伝えしていければと、僕も思ってはいます。

 

さて、今日は前者のニーズ。つまり、「なるべく手軽に料理をしたい」という方にオススメしたい調理器具をご紹介します。

それは、「中華鍋」です。

中華鍋とは、一般的には中華料理に使われる鉄製の丸底鍋のことです。

底が丸いので、ステーキを焼いたり、餃子を焼くのにはあまり適さないのですが、野菜炒め、麻婆豆腐やチャーハンはもちろん、焼きそばやパスタといった麺類などを炒めるのにも向いています。

実際に中国人は家庭料理の殆どを、中華鍋1つで作っています。

 

厳密に言うと、本格的な中華料理の場合、湯通しや油通しをするので(火の通りを早くするために)、手間はかかるのですが、1~2人分くらいの主菜であれば、実はその必要はありません。

直径28cmほどの中華鍋1つあれば、手軽に、そして美味しい料理を作ることが可能なのです。

そういうこともあり、この中華鍋を今日は推しているわけですが、それ以外にも大きな理由が3つあります。

(1)とにかく丈夫

(2)鉄分が摂取できる

(3)軽い

 

まず、これは中華鍋に限らずですが、鉄製の鍋やフライパンは非常に丈夫です。一度買えば、おそらく一生使えるものです。

鉄製のフライパンは基本的に塗装加工されていないので、塗装が剥げてくるということがありません。

そして、鉄ですので割れたり破損することも、まずありません。

メンテンナンスに関しても、油が馴染んでくれば、たわしを使ってゴシゴシ水洗いをして、水分が飛ぶまでコンロで空焚きすれば問題はないので、少しも苦になりません。

ちなみに、写真の中華鍋は、僕の母が結婚した時に貰ったらしいのですが、それを僕がいただいたわけで、かれこれ40年以上使っているものです。それでも、まだまだ現役です。

 

「鉄分が摂取できる」というのは、僅かですがフライパンの鉄が加熱調理中に溶けて、出来上がった料理と一緒に摂ることができるのです。

例えば、鉄の中華鍋で野菜炒めを作ったとします。炒めた時間は5分間です。この場合、約0.5mgの鉄を多く摂ることができます。

30代の男性が1日に必要とする鉄の量は6.5mgと言われているので、その1/10にもなりません。

ですが、中華鍋の鉄は「ヘム鉄」と呼ばれるもので、非ヘム鉄に比べて吸収率が4~6倍高いと言われています。

なので、実質的には、鉄鍋を使った野菜炒めを食べるだけでも、1日に必要な鉄分の半分ほどを摂取できるポテンシャルがあるのです。

また、トマトや酢など酸味の強いものを調理するとより多くの鉄分が溶け出すと言われています。

特に女性は生理などの影響もあり、鉄分が不足しがちですし、これは良い話だとは思います。

 

もしかしたら、中華鍋は鉄製なので、テフロン(フッ素樹脂)やダイヤモンドコートのフライパンに比べて、食材や調味料がこびりつく、というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。

ですが、これは誤解です。

確かに最初は鉄鍋は食材がこびりつくことがあります。でも、これは油が馴染むまでの話です。

むしろ、油が馴染んでくると、テフロンやダイヤモンドコートなどよりも使いやすくなります。

というか、あれらは消耗品ですから、使えば使うほどこびりつきやすくなる運命なのです。

 

そして、もう1つ、「軽い」というメリットですが、これは中華鍋に限った話です。

鉄製の調理器具はアルミなど他の金属に比べて重いので、どうしても敬遠される傾向があります。

テフロンやダイヤモンドコートのフライパンというのは、基本的に内側の素材はアルミニウムです。だから軽いのです。

ですが、鉄は本来重いものです。

実際に、僕が使っている鉄製の厚板フライパンは2キロくらいあるので、片手で持つには結構な重さです。

個人的には「重い=トレーニングになって都合が良い。」なのですが、そうでない人の方が多いでしょうから、重さも考慮すべき要素だとは思います。

無理して手首を痛めてしまっては、肝心の料理が出来なくなってしまいますから。

でも、中華鍋は鉄製ですが薄いので、とても軽いです。

なので、力のない女性にもオススメなのです。

中華鍋はリーズナブルですし、繰り返しになりますが、一度買えば一生使えるスグレモノです。

興味がある方は是非、試してみてください。

 

カテゴリー: 料理 タグ: パーマリンク