にんじんとオレンジの寒天サラダ

人参とオレンジの寒天サラダ レシピ

この料理は、「キャロット・ラペ」と呼ばれている、フランスの家庭料理をアレンジしたものです。

ちなみに、ラペとはフランス語で「スライサーなどで、すりおろす」という意味で、キャロット・ラペとは、にんじんを太めの千切り器などを使ってすりおろし、酢、オリーブオイル、塩、胡椒で和えたサラダのことです。

生では食べづらいにんじんも、こうして細くすりおろすことで、食べ易くなります。

また、今回はオレンジの甘味、酸味が加わりますので、とても美味しくいただくことができます。寒天の食感も美味です。

 

《材料 作りやすい分量》

にんじん 2/3本、オレンジ 2個、寒天(カットされたもの) お好みで、塩 適量 黒胡椒 お好みで、オリーブオイル お好みで

 

《作り方》

(1)オレンジは外側の分厚い皮を剥き、房に沿って切り込みを入れて果肉を取り出しボウルに入れる。房を取り除いた後のオレンジも絞って加える。

オレンジの絞り汁がマリネ液になります。

(2)にんじんは太めの千切り器などを使い、すりおろしたら、ボウルに入れる。寒天は水に5分ほど浸したら、水切りをしておく。

この料理に関しては、包丁で千切りにするのではなく、千切り器のような何らかのスライサーを使った方が良いです。スライサーを使うことで、人参の断面に細かい凹凸ができ、マリネ液が染み込みやすくなるからです。

寒天は最初からカットされているものを使いましたが、これを使うと楽チンではあります。

(3)塩を適量加え、お好みで黒胡椒を挽いたら、全体を軽く混ぜ合わせる。お好みでオリーブオイルを回しかけて、出来上がり。

 

カテゴリー: レシピ タグ: , , パーマリンク