サッと茹でほうれん草

サッと茹でホウレン草 レシピ

栄養価の高いほうれん草をシンプルにサッと茹でていただく方法をご紹介します。

ほうれん草は昔からアクが強い野菜として知られており、「茹でる」という調理方法が無難なのですが、最近のほうれん草は昔ほどアクは強くありません。

ですから、最近のほうれん草は、そこまでじっくりと茹でる必要はありません。

もちろん食感など、好みの問題はありますが、必要以上に茹でてしまうと、有効成分も逃げてしまうので、栄養価のことを考えると、ほうれん草はサッと茹でる程度がおそらくベストです。

それから、注意点としては、ほうれん草に限らず、葉もの野菜は根元部分に土が付着していることが多いです。

その場合、根元部分に5cmほど、十字の切り込みを入れてから、水に少し浸けておき、それから洗うと土が落ちやすいです。

 

《材料 作りやすい分量》

ほうれん草 2袋、水 適量、塩 水の1%の量

 

《作り方》

(1)大きめの鍋に水と、その1%弱の塩を入れて火にかける。沸騰してきたら、ほうれん草の葉の部分を手で持ち、茎の部分だけを鍋に入れて、30秒ほど茹でる。

葉もの野菜の種類によって、茹で時間や茹で時間は変わってきます。例えば、小松菜であれば、葉の部分の方が硬いので、先に茹でた方が良かったりします。

(2)葉の部分も熱湯に入れて、30秒ほど茹でる。

お玉の底を使って、葉の部分を熱湯にしっかりと浸してあげると良いです。菜箸だと、葉っぱが傷ついてしまいます。

(3)(2)の火を止めたらザルにあけて、すぐに冷水にとる。粗熱が取れたら、またザルにあける。

(4)茎の部分をまとめたら水気を手でギュッと絞る。包丁で4cm幅にカットすれば、出来上がり。

すぐに食べない場合は、カットせずにラップに包んでから、冷凍保存します。

冷凍保存が可能なので、時間のあるときには多めに作っておくと良いです。

 

カテゴリー: レシピ タグ: , , パーマリンク