いちご酵素

苺酵素 レシピ

これはいわゆる「手作り酵素」と呼ばれているものです。

今回は春が旬のいちごを使いましたが、他の果物だとレモンなどで作ることもありますし、秋は柿、りんご、ぶどうなど秋の果物を多数混ぜて作ることもあります。

手作り酵素の効能や詳しい話は別の記事でできたらと思いますが、栄養的には糖質以外にもビタミン、ミネラル、酵素、乳酸菌などが含まれていて、市販のシロップ(かき氷にかけるやつ)に比べれば、はるかに栄養価は高いです。

使い方としては、ヨーグルトやホットケーキにかけても良いですし、お酒で割っても美味しいです。

ちなみに、僕はアルコールが強めのホワイトリカーで割り、大きな氷塊を入れて、それをゆっくり溶かしながら飲んでいます。

 

《材料 作りやすい分量》

いちご 1kg、白砂糖 1.1kg、昆布 20g

 

《作り方》

(1)分量のいちごをよく洗い水気を拭き取る。ヘタを取ったら、縦四等分に切る。昆布は繊維を断つように、5mm幅くらいにカットしておく。

いちごはあまり細かく切り過ぎると、仕上がりがドロドロになってしまうので、これくらいの大きさが丁度良いと思います。

(2)(1)と分量の白砂糖、昆布を鍋などの容器に入れて、全体を馴染ませる。

(3)1日1回、素手でかき混ぜて、1週間が経過したら濾す。コーラなど炭酸飲料のペットボトル移して、冷暗所で保存する。

保存用のボトルはコーラなど炭酸飲料が入っていたものがオススメです。

酵素ドリンクは発酵飲料です。つまり、「生きている」ので、ミネラルウォーターなどのペットボトルに入れるとボトルが変形して、安定感が悪くなります。

また、蓋は軽く乗せる程度にして密閉しないようにしましょう。

ちなみに、残った果肉も食べることは可能です。

オーブンで軽く焼くと余分な水分が抜けて甘味が増します。粗熱を取ってからシロップに浸せば、写真のようないちごジャムができます。

 

カテゴリー: レシピ タグ: , , , パーマリンク