鯵のあら汁

鯵のあら汁 レシピ

最近ではスーパーの鮮魚売り場でも、魚をさばいてくれるお店が増えてきましたが、いつも中骨もいただきようにしています。

「あれを捨てるなんて勿体無い」と、いつも思います。

特に鯵のあらからは良い出汁がでますし、今回のようにあら汁にしていただくととても美味しいです。

 

《材料 4人分》

あじのあら(中骨部分) 3匹分、水 700ml、日本酒 50ml、人参 お好みで、大根 お好みで、長ねぎ(青い部分) お好みで、味噌 適量

 

《作り方》

(1)あじのあらは新鮮なものであれば、さっと流水で洗い水気を拭き取り、食べ易い大きさに切る。血の塊などがあれば、取り除いておく。

中骨は硬いので出刃包丁などで切ると良いです。

あじがあまり新鮮ではない、または翌日に作る場合は、塩水(濃度3%くらい)に浸し、表面の滑りを取れば、臭みが和らぎまず。

(2)出汁をとる。鍋に分量の水、日本酒、あじのあらを入れたら火にかける。煮立ってきたら火力を弱めて、10分ほど加熱する。アクが出てきたら取り除く。

よりクリアな出汁にしたい場合は、ざるとキッチンペーパーを使って、一度濾すと良いです。

(3)人参、大根は7mm幅のいちょう切り、長ねぎは小口切りにし、(2)に投入する。

長ねぎの青い部分はクセが強いですが、あら汁などに入れて煮込めば、あまり気になりません。

(4)野菜に火が通ってきたら、火を止める。お玉で味噌を適量、溶き入れたら出来上がり。

 

カテゴリー: レシピ タグ: , , パーマリンク