鯵とグリーンアスパラのアクアパスタ

あじとグリーンアスパラのアクアパスタ レシピ

美味しくて、バランスの良い食事を、なるべくひと皿で作れないだろうか?

そんなことを考えながら、いろいろな料理を試してみるのですが、そういう意味ではこの料理はとてもオススメです。

少なくとも三大栄養素に関しては、バランスよく摂取できるひと皿だとは思います。

それに春はあじがリーズナブルな時期ですし、オススメです。

ちなみに今回の料理は、アクアパッツァとパスタを合体させたものです。だから、アクアパスタと、僕は勝手に呼んでいます。

パスタを茹でる手間は減るので、いくらか楽ではあります。

パスタの表面の滑りは残りますが、これはこれでうどんみたいで個人的には好きです。太めのパスタが合うと思います。

 

《材料 2人分》

あじ(三枚おろし) 2匹分、グリーンアスパラ 1束、エリンギ 1パック、にんにく 3片、オリーブ お好みで、スパゲッティ 150g、水 400ml、日本酒 50ml、出汁パック 1個、塩 適量、黒胡椒 お好みで、薄力粉 適量、オリーブオイル 適量

 

《作り方》

(1)あじの両面に軽く塩、黒胡椒を振りかけてから、表面にうっすらと薄力粉をまぶしておく。

あじに薄力粉をまぶしておくと、焼いた時に皮が剥がれずキレイに焼くことができます。

(2)アスパラは根元が固い場合はピーラーで皮を剥き、エリンギは縦に半分に(太い場合はさらに半分に)裂く。にんにくは包丁の平たい部分で潰しておく。

エリンギは包丁で切るよりも、手で裂いた方がスープがしみ込みやすくなりますし、食感も良くなります。

(3)フライパンを熱しオリーブオイルをひいたら、にんにくを入れてきつね色になるまで中火で焼き、一旦取り出す。油を少し足し、あじを皮目を先に両面焼いて取り出す。

あじは後ほど蒸しますし、ここで完全に火を通す必要はありません。火を入れすぎると硬くなってしまいます。

(4)(3)と同じフライパンでエリンギ、アスパラを炒める。軽く塩を振り、8割くらい火が通ってきたら、こちらも取り出しておく。

エリンギはアスパラに比べて火の通りが悪いので、時間差で入れるか、別々に炒めると良いです。

(5)平たい鍋、もしくはフライパンに分量の水、日本酒、出汁パック、少量の塩を加えて火にかける。煮立ってきたら、火を弱めて5分ほど加熱したら、出汁パックは取り出す。

スープごといただく料理なので、塩は控えめが良いです。

(6)(5)にスパゲッティを半分に折って入れて、茹でる。加熱の時間は、表示時間よりも2分ほど短くする。

蓋をすると鍋によっては勢いよく吹きこぼれるので注意しましょう。

あと、パスタが鍋底にくっつかないように、投入後、軽く混ぜましょう。

(7)パスタが好みの硬さになってきたら、先ほど取り出した具材(あじ、にんにく、アスパラ、エリンギ)を並べ入れる。お好みでオリーブをのせたら、蓋をして1分ほど加熱すれば、出来上がり。

最後にレモン汁やオリーブオイルをかけると、さらに美味しくなります。

 

カテゴリー: レシピ タグ: , パーマリンク