焼き野菜の盛り合わせ

焼き野菜の盛り合わせ レシピ

「野菜たっぷり=ヘルシー」というイメージが定着していて、多くの場合、その通りだと思います。

生野菜には「生」の良さはあるのですが、野菜は火を通すことで「たっぷりいただける」というメリットもあります。

加熱調理された野菜にも利点はあるのです。

今回は野菜をとてもシンプルな加熱調理によって、たっぷりいただけるようにした料理です。

おそらく生ではここまでたっぷりの野菜は摂れないでしょう。野菜不足の方には、是非とも作っていただきたいです。

 

《材料 3人分》

にんじん 3本、キャベツ 3/4玉、トマト 3個、にんにく 1個、塩 適量、オリーブオイル 適量

 

《作り方》

(1)キャベツは上部のやわらかい部分(3/4玉)を縦に6等分にカットして、バラバラにならないように爪楊枝を差しておく。にんにくは皮を剥かずに、1片ずつほぐしておく。

キャベツはカットして爪楊枝を差してから、水に浸してサッと洗うと良いです。

(2)にんじんを下茹でする。鍋ににんじん、ひたひたの水、塩を少量(水の1%ほど)加えて火にかける。竹串を刺した時にさほど抵抗を感じないくらいまで茹でる。

にんじんは皮付きのまま茹でます。

この後、オーブンでも加熱するので多少固くてもOKです。

(3)オーブンを200℃の予熱に設定する。にんじんの下茹でが終わったら水気を切り、耐熱容器ににんじんを丸ごと入れて、オリーブオイルを適量かけてにんじんに馴染ませる。そしたらオーブンに入れて、200℃で20分ほど加熱する。

オリーブオイルを人参に塗っておくと、表面を均一に加熱することができます。

(4)割と厚手の鍋にオリーブオイルを入れて、キャベツ、トマト、にんにくを並べたら、上からさらにオリーブオイルを回しかける。塩を適量ふりかけたら、蓋をして中火で加熱する。

蒸し焼きにするので、キャベツの水気は残ったままでOKです。その方が焦げ付きを防ぐことができます。

(5)蒸気が出始めてから、10~15分ほど加熱する。にんじんが焼き上がれば、これらを盛り付けて、出来上がり。

シンプルに塩を振りかけていただくととても美味しいです。

 

カテゴリー: レシピ タグ: , パーマリンク