クラムチャウダー ロードアイランド風

クラムチャウダーとは、一般的にはあさりなどの貝に、玉ねぎ、じゃがいも、セロリといった野菜を加えて煮込んだスープを指します。

クラム(clam)とは英語で、はまぐりはあさりなどの二枚貝のこと。チャウダーは語源は諸説あるのですが、具がたっぷり入っているスープのことです。

今ではクラムチャウダーは日本でも馴染みのある料理になりましたが、もともとはアメリカ東海岸のニューイングランドが発祥地と言われていて、様々な種類があります。

中でも、牛乳、生クリームなどでのばしたニューイングランド風や、乳製品は使わずにコンソメやトマトピューレを加えたマンハンタン風などがメジャーです。

今回ご紹介するレシピは、ロードアイランド風と言って、あっさりとした清汁仕立てのものです。

重くないですし、あさりの旨みも堪能できるので、オススメです。

 

《材料 4人分》

あさり 500gくらい、セロリ 1本、アスパラ 1束、にんにく 3片、玉ねぎ 1個、ローリエ 2枚、 800ml、日本酒 100ml、 適量、黒胡椒 適量、ギー 適量

 

《作り方》

(1)あさりの砂抜きをする。

砂抜きのやり方は、こちらの記事(あさりの下処理)をご参照ください。

(2)玉ねぎはみじん切り、セロリは縦半分に切ってから斜め細切り、にんにくは包丁の平たい部分で潰しておく。アスパラは根元の硬い部分をピーラーで削り、4cm幅にカットしておく。

今回は入れませんでしたが、しめじを入れても美味しいです。

(3)鍋を中火にかけたらギーをひき、にんにくを入れて、にんにくが薄らときつね色に変わるまで炒めて取り出す。続いて、玉ねぎのみじん切りを投入し、透明になるまで中火で炒める。

(4)玉ねぎの色が透明に変わってきたら、あさり、分量の日本酒を加えて蓋をする。煮立ってきたら少し火を弱めて、酒蒸しにする。加熱時間は2分くらい。

(5)貝が全て開いたところで、ローリエ、分量の水を入れる。火力を強めて煮立ってきたら、火を弱めて30分ほど煮込む。

30分ほどじっくり煮込むことで、貝殻からも旨味がスープに溶けて美味しくなります。

(6)アクがあればすくい取ってから、中火にしてセロリ、アスパラ、先ほど取り出したにんにくを加える。

見ればわかりますが、ギーの脂分が浮いているので、それは取らずにアクだけをすくい取ります。

(7)(6)がひと煮立ちしたら味見をしてから、塩、胡椒で味を整えたら、出来上がり。

あさりからも塩分が溶け出すので、必ず味見をしてから塩は加えましょう。

野菜はくったりしてしまいますが、一晩寝かせると、スープに具材の旨味が溶けるので、美味しいスープになります。

 

カテゴリー: レシピ タグ: , , パーマリンク