豆苗とキャベツのサラダ

豆苗とキャベツのサラダ レシピ

日々の食事を楽しみながら健康体を維持したいのなら、生野菜のサラダも可能な限り、食べるようにすると良いです。

冬は鍋とか煮込み料理が多くなると思うし、そこで野菜をたっぷり摂ることができますなので、現代の栄養学的にはあまり問題にはなりません。

ですが、それらが「生」の野菜ではないことは意識しましょう。

別に絶対的にローフードが優れているという話でもないのですが(詳しい話は別の機会に話します)、生には生の、加熱調理には加熱調理のメリットがあるので、要するに、バランスよく食べましょう。という話です。

 

いずれにしても、現代人の食事は、意識しないと加熱調理されたものが多くなりがちです。

ですから、生野菜サラダのバリエーションはいくつもあった方がいいとは思うのです。同じものだけでは飽きてしまいますから。

今回は「生」の豆苗を使ったサラダです。

再生させた豆苗は生食には向かないのですが、1回目は生でも美味しくいただけるものなので、ぜひ試してみてください。

 

《材料 作りやすい分量》

キャベツ(上部) 1/4玉、豆苗 1パック、塩昆布 適量、ちりめんじゃこ お好みで、亜麻仁オイル お好みで

 

《作り方》

(1)キャベツは千切り、豆苗は半分位にカットしておく。

キャベツは千切りしてから水で洗うと良いです。

(2)キャベツと豆苗の水気をしっかり切ったらボウルに移し、塩昆布を適量加えて軽く混ぜ合わせる。

味付けは塩昆布に含まれる塩分のみですが、入れすぎるとしょっぱくなりますので、最初は控えめに入れると良いです。

(3)お好みでちりめんじゃこを振りかけて、亜麻仁オイルを回しかけたら出来上がり。

 

カテゴリー: レシピ タグ: , , パーマリンク