大人の遊び方

今日の記事は、メルマガからの抜粋です。

メルマガで話すテーマは、その都度違うのですが、最近はこのブログと同様で、健康に関する内容が多いです。

といっても、本当にたまーにしか書けていないのですが。

それはともかく、時には今回のように、料理の話をすることもあります。

以下、抜粋。

 

こんにちは、阿部です。

今日「料理」というテーマで、少し話をしようと思います。

最近、といっても、僕殆どメルマガ書かないわけですが、それさておき、ここ3年くらい「健康」に関する話が多かったと思います。

そして、今回の新教材のレターも基本的に、「健康に気を遣いましょう」という話をしているわけです。

でも、こういう話、人によって「つまらん」と感じるかもしれません。

 

例えば、お酒が好きな人が、気分良くお酒を楽しんでいる時に、

「アルコールは毒物ですから、体に良くないですよ」

と、外野が口を出してきたら、いい気分はしないですよね。

もちろん、ひどく酔っ払って他の方に迷惑をかけているのなら、話は別です。

でも、そうじゃないのなら、あーだ、こーだ言われたくないのが、一般的な人の心理というものです。

それと同じように、「健康に気を遣いましょう」という話は、周りに多大な迷惑をかけていないのなら、結局のところ、

「そんなことは俺が決めるんだー」

という話になってしまうし、それでいいのだと思います。

でも、お酒が好きな人が、お酒を楽しんでいる時に、

「こんなお酒もありますが、一杯どうです?」

「そのお酒には、こんな肴が合いますよ。」

みたいなことを言われたら、あまり悪い気はしないでしょう。

 

この差は、そこに「遊び心があるかないか」だと思うのですが、今日は「遊び心のある」話をしたいと思います。

その前に断っておきますが、僕は「自分で料理をすることが健康維持に繋がる」と考えています。

でも、仮に料理をすることが健康維持に直結しなかったとしても、それでも僕は、料理はするとも思います。

なぜかといったら、料理は総じて「面白い」からです。

だから、僕はほぼ毎日、自分で料理をしているのです。

 

まー、そうは言っても、生きていると大変なことはあります。

何もしたくない日もあります。

「俺は猫になりたかった・・」

そう思う日もあります。

でも、そうじゃない日の方が多いわけで、

「さーて、火遊びでもするかー」

という感じで、僕は料理を始めます。

 

僕の中では、料理はもはや「遊び」の領域です。

しかも、料理とは、子供の頃にはできなかった、大人になった今だからこそできる「大人の遊び」だと思うのです。

料理は、たいがい火や刃物を使います。

なので、サンタクロースをまだ信じている子供の遊びにしては、ちょっと危険度が高い気がします。

それに、料理は器具を揃えたり、食材を買う必要があり、それなりにお金がかかるものです。

ですから、ある程度、自由に使えるお金がないと、料理が遊びだとは思えないでしょう。

 

もちろん、料理だけが大人の遊びではありません。

バイクに乗ったり、ゴルフを楽しんだり、パチンコに行ったり、ゲームの実況に魅入ったり、これらも遊びの1つだと思います。

ちなみに辞書によると、「遊び」とは、

「心を満足させることを主たる目的として行うもの」

を指すらしいです。

なので、ペンとパイナップルを合体させて心が満足するのなら、やはりそれも遊びなのでしょう。

 

それはそうと、僕は去年の暮れにようやく前からやってみたかった「たこ焼き作り」を始めました。

それこそ、本当に遊び感覚で。

まず、たこ焼きを作るためには、たこ焼き器を買う必要があります。

この調理器具を吟味することも、僕の中では料理の一部ですし、とても大きな楽しみです。

 

僕の調理器具の選択基準ですが、

「長期的に使えるかどうか」

これがとても大きいです。

一言で言ってしまうと、「丈夫なもの」を選ぶということです。

なので、鍋やフライパンであれば、僕は「鉄製」のものを選ぶことが多いです。

ちなみに選んだのはこれです。

これは「南部鉄器」と呼ばれるものですが、非常に優秀です。

南部鉄器は表面に微細な凹凸があり、食材がこびりつきにくいです。

5回くらい使うと油が馴染み、たこ焼きもキレイに回転し始めます。

しかも、丈夫というか、頑丈です。間違いなく、一生使えます。

一般的にたこ焼き器といえば、プレートは「テフロン製」が主流です。

確かにテフロンは、食材がこびりにくいというメリットはあります。

ですが、消耗品です。

使い方にもよりますが、半年位するとコーティングはハゲてきます。

テフロンは高熱で有害物質が出るとか、アルミがむき出しになるとどうとか、そういう話もあります。

 

それに、テフロンのたこ焼き器の多くはホットプレートタイプなので、火を使いません。
だから、火遊びにならないのです。

僕は、ガスコンロの「ぼおーーーーーーー」という炎の音が好きだし、たこ焼きの生地を流し込んだ時の「じゅーーーーー」という音も好きです。

でも、テフロンにはそれがない。もしくは微妙。

少なくとも、ダイナミックじゃないのです。

 

「音なんでどーでもいーだろ」と冷ややかな声もありそうですが、料理の時の音が味覚に影響を与えることは、様々な研究で明らかになっています。

例えば、ファミレスでハンバーグを頼むと、鉄板にのったハンバーグが「じゅーーー」とう音と共に運ばれてきます。

「鉄板がお熱くなっておりますので、ご注意ください」という、あれです。

「見りゃ分かるよ」といつも思うのですが、あの音は実はとても重要なのです。

あまり美味しくないハンバーグを、美味しいものにするために。(強調したいの「美味しい」の方ですが・・)

逆に、全然熱くない鉄板にハンバーグが乗せられ、音もなく運ばれてきたら、「あー、これはマズイなー」と思います。いろいろな意味で。

 

それはともかく、自分で料理をするようになれば(特に火を使うようになると)、いろいろな音を感じることができます。

それは面白いことだし、たぶんストレス解消にもいいです。

例えば、キャベツを油で炒めるとしましょう。

十分に熱したフライパンに油をひき、キャベツを一口大にカットしたものを一気に投入します。

すると、「バチバチバチバチバチバチ・・」という大音量を立てます。

とてもいい音です。

 

今回は「遊び」という視点で、料理の話をしているわけですが、この炒め方は、実は栄養学的にも理にかなっています。

炒め物は、弱火でチンタラ炒めていると、水分が流出し、水溶性の栄養素も少なからず逃げてしまいます。

煮込み料理なら、有効成分がスープに溶けるだけなので、スープごといただけば、問題はありません。

ただし、汁がたっぷり出てしまった炒め物は、汁ごと食べるわけにはいきません。

それを前提に作っていないから、味が濃いのです。

だから、炒め物はダイナミックに、もう少し具体的に言うと、高温、短時間で一気に炒めるのが正解です。

 

といった感じで、今日は、料理(特に加熱調理)の魅力について、話してみました。

ちなみに、これは教材でも触れることですが、料理で感じることができるのは「音」だけではありません。

料理を作る時は、五感全てが総動員されます。

だから、料理は面白いのかもしれません。

結論として

こんな大人の遊び方がありますが、やってみません?

火遊び、おもろいでー。

という話です。

 

人生、肉体的にも精神的にもヘトヘトになることはあります。

でも、そうじゃない時もあるはずですし、いろいろな意味で余裕が出来た時には、ぜひ料理をして欲しいなと思っています。

料理とは、総じて楽しいものですから。

 

抜粋、ここまで。

 

メルマガはこんな感じで書いています。

料理以外のテーマ、例えば目標設定の話とか、パートナーシップの話をすることもあります。

いずれにしても、長い人生において、役に立つ話ができればなと思っています。

 

カテゴリー: 料理 タグ: , パーマリンク